古い男

001

おはようございます。

クラシックな男 島村です。

中学校の頃、「島」よりも長嶋監督の「嶋」の方がクラシックでカッコいいから勝手に「嶋村康行」を名乗っていたら、父勝司に思いっきり怒られました。

ということで・・・

ついにクラシックデビューです。生まれて初めてクラシック盤を買いました。

モーツァルトです。「ピンクのモーツァルト」ではありません。しかも古典調律のものです。

私達が普段使っている音楽のチューニング(音程とでもいいましょうか)は、200年前にヨーロッパのピアノメーカーがベートーベンと組んで、「これが基準のチューニングだ!」と勝手に決めて、世界に広めて世界征服に成功したという話を、専門家に聞きました。

それ以前は、それぞれの音楽家のチューニングがあって、それが耳にも一番良いものという、私の音楽観を根本的に揺さぶる話を聞いてしまいまして、これは聴かなければいけいない、ついでにクラシックとも「出会ってしまおうと」思って買いました。

すごい!

冒頭の「ガーーーン!」から、ガーンとやられてしまいました。圧倒的なテクニックとダイナミックレンジ。鍵盤のタッチの強さ。いつも聴いてるジャズピアノの比じゃないな。

しかも、とても聴きやすい。何度でも聴きたくなる。

感動しました。クラシックとも出会ってしまったようです。さらに追及をしたいと思います。

ご静聴ありがとうございました。

カテゴリー: 男の日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。