もっと古い男

013

こんにちは。

本屋さんに行って、買うつもりのなかった「古い」オーディオの本をやっぱり買ってしまう、すでに古いものにしか反応しなくなっている、もっと古い男の島村です。

皆さんお元気でしょうか。

いよいよ「ヴィヴァ」ちゃんです。

ヴィヴァルディです。

私のクラシックデビュー2作目です。

これも、当時のヴィヴァちゃんチューニングの物です。

いやあ、参った。「音圧」というものは低音をドッカーーーーンとかけるものかと思っていたら、複数の弦楽器が気合を入れただけでそれを上回る「音圧」が出るんすねえ。

驚きました。目が覚めました。

演奏家の皆さんの腕とそこに至る努力と思い、そして情熱に打ちのめされています。

おおおっと、たった今も

ドッカーーーン!

ときた。恐ろしい。

しばらくはまってみようと思います。

レコードの会「ビル・エバンス」は、予約が多数入ってきています。ご希望の方はお早めにどうぞ。

カテゴリー: 男の日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。